転職でキャリアアップ!人事キャリアの積み上げ方とは

人事・総務
キャリア
2021/09/14

転職でキャリアアップ!人事キャリアの積み上げ方とは


会社の貴重な経営資源のひとつであるヒトのマネジメントを行う人事の仕事は、その会社ごとに独自のやり方がある場合が多いため、転職が難しいと言われていますが、抑えるべきポイントを知っておけば、より精度の高い転職活動をしやすくなります。この記事では人事の仕事内容について整理するとともに、人事としてのキャリアパスや、転職時にチェックすべきポイントについてご紹介していきます。転職によるミスマッチを回避するためにも、是非参考にしてみてください。

まずは転職エージェントに無料相談する


人事の基本的な仕事内容とは

人事の仕事内容は企業によって異なる点もありますが、主に採用、教育研修、人事制度、労務の4つに分けられます。これらの業務を通じて、自社の求める人材像に近い人物を採用し、戦力として活躍できるように教育し、安心して働いていけるよう労務管理を行い、モチベーションを保ちながら就業できる人事制度を構築していくのが人事の大まかな仕事の流れとなります。以下に、人事の4つの主な業務それぞれについて、より詳しくご紹介していきます。

採用

新卒採用や中途採用を通じ、自社のビジネスを支えていく人材を採用し、安定した人員の確保を図ります。採用は採用計画にもとづき、求人広告を出したり、説明会を催したり、人材紹介会社と連携したりしながら応募者を募り、面接をはじめとする選考プロセスを進めていくので、業務内容は多岐にわたります。それぞれのステップは採用計画で決められたスケジュールに沿って動いていくため、採用担当者は採用時期だけでなく、一年を通じて採用活動に従事しています。中途採用の場合には、配属予定部署の担当者とのヒアリングを行ったり、入社後のフォローを行ったり、といった業務も生じます。

教育研修>

採用した人材を教育するための研修を企画・実施する業務です。自社の求める人材像に近い人物を採用できたとしても、持っているスキルはそのまま自社にピッタリ当てはまるとは限りません。採用した人材が自身のスキルを活かして自社に貢献できる従業員となるよう教育します。新規採用人材だけでなく、既存人材についての教育研修を企画・実施することも重要です。ビジネスを支える従業員それぞれのスキルのブラッシュアップやマインドセットは、企業成長に直結します。外部の研修会社の利用や、eラーニングを介した研修を行うなど、目的に合わせて適した内容を企画していきます。

人事制度

人事制度は、社員の仕事へのモチベーションを維持・向上させる際に重要な役割を担うものです。そのため、人材の定着率に直結する内容といっても過言ではありません。社員の仕事を適切に評価できる制度作りも、人事に求められています。具体的な制度としては、目標管理制度や評価制度、昇格や給与体系の仕組みづくりなどが挙げられます。給与や賞与に結び付く内容が多いため、客観性・公平性をもって、社員それぞれが納得できるような制度設計・運用を行うことが重要です。

労務

 

労務は、社員がより良いパフォーマンスを発揮するための働く環境づくりに関連する業務です。勤怠管理、給与計算、社会保険の手続き、福利厚生の企画や運用、健康診断の実施等の安全衛生管理に加え、労務トラブルの解決などの業務を担います。働き方改革への対応など、状況に応じた体制づくりも求められる傾向にあります。

これまでご紹介してきた4つが人事の主な業務内容ですが、このうち人事としてのキャリアの入口となりやすい業務は、採用と労務です。教育研修・人事制度はそこからキャリアアップをして携わるようになる、というパターンが一般的です。

まずは転職エージェントに無料相談する

このままだとキャリアアップできない…人事に多い転職理由とは

人事の仕事は企業規模やフェーズによって変わってくるので、自分が希望するキャリアを歩めないこともあります。人事担当者が転職を検討する理由は、大きく分けて以下の3パターンが挙げられます。

まずは、会社のフェーズとやりたいことが合わない場合です。例えば、成長期の企業は採用が急務、という場合が多くあります。そのため、人事制度に携わりたいと考えていても、なかなかその機会に恵まれないというような状況です。

2つ目のパターンは、何らかの理由によって、担当業務を続けられなくなったり、スキルダウンが懸念されたりする場合です。例えば、業績悪化で採用が凍結、となると採用としての経験を積み続けることは難しくなりますよね。あるいは、担当していた給与計算・社会保険手続きの業務を外部委託することになった、というようなケースもあります。

3つ目のパターンは、業務の幅に関することです。例えば、業務が縦割りになっていて限定的な経験しか積むことができないケースや、その反対で、人事制度に注力したいものの、採用や労務に圧迫されてしまっている、といったケースも見受けられます。業務量と人手のバランスや、組織の規模により、上記のようなことが起こる場合があります。

まずは転職エージェントに無料相談する

人事のキャリアパス スキルはこうやって積み上げる!


人事としてのキャリアの入口となりやすい業務は、先述の通り、採用と労務です。そのため、人事のキャリアも、採用を軸としたキャリア、労務を軸としたキャリア、に大きく二分されています。それぞれ、モデルケースをご紹介します。

採用を軸としたキャリア

採用業務からスタートする場合には3つのパターンが想定できます。

①採用業務からスタートし、採用のスペシャリストを目指すパターン

②採用業務からスタートし、採用&教育研修分野へと広げるパターン

③人事制度設計に担当業務範囲を広げていくパターン

①の採用スペシャリストとしてキャリアを築かれる方もいらっしゃいますが、採用に携わるうちに「どうしたら離職を防げるか」という視点から、さらに踏み込んだ②③へキャリアを進められる方が多いです。

労務を軸としたキャリア

労務からスタートする場合には2つのパターンが挙げられます。業務を通じて身に付けられる専門的な知識を武器に、キャリアアップしていく傾向があります。

①労務分野で強みを磨き、社会保険労務士などのスペシャリストになるパターン

②人事制度設計に担当業務範囲を広げるパターン

上記のように、入口の担当業務次第で、スキルやキャリアが偏りやすくはなっていますが、全ての領域でご経験を積まれている方も勿論多くいらっしゃいます。企業規模や組織構成によって、幅広く経験を積むことは可能ですので、これから取り組んでみたい業務があれば、まずは上司などに相談してみましょう。

人事の仕事の本質は「どうしたら会社がより良くなるか」を常に考え、行動を起こしていく、というところにあります。どのようなキャリアを選んだとしても、何を考え、何を行うか、が重要であることに変わりはありません。

まずは転職エージェントに無料相談する

人事のキャリアアップ転職を目指す場合の注意点とは?

転職することで人事としてキャリアアップを目指す場合には、求人票に記載されている業務内容だけではなく、自分の業務への影響が考えられる要素について、入社を決める前にクリアにしておく必要があります。具体的には人事部門の組織構成、各メンバーの担当領域、会社のビジョン、今後の人事面での展望などが挙げられます。会社のフェーズを知ることで、どの領域の業務が重要になるか予想ができますし、人事部の構成や担当領域をヒアリングすることで、担当する業務の幅や、1社の中でのキャリアの築き方などを予想することができます。これにより、希望する業務内容やキャリアパスとのミスマッチを防げます。これらの要素をヒアリングする際には、自分が希望するキャリアについても伝え、お互いに先々のミスマッチを回避できるよう注意することが大切です。あまり踏み込んだ質問は採否結果に影響を及ぼす可能性があるのではないかと不安を覚えるかもしれませんが、内定承諾前の社員面談の場や、エージェントなどをうまく活用することで、聞きづらかった質問もしやすくなり、入社するか否かの判断材料も得られるようになります。

まずは転職エージェントに無料相談する

まとめ

人事の仕事はその会社ごとに異なる面を持っていることが多いため、自分のキャリアパスをイメージしながら、その企業で働くことで自分の目標への道が開けるかどうかを考えなくてはなりません。会社のフェーズ、業績、将来に向けたビジョンによっても人事の仕事は変わってきます。転職の際には、入社を決める前に入念な情報収集が必須です。そのようなときには転職エージェントがとても便利です。転職エージェントは自分に代わって、採用担当者に踏み込んだ質問もしてくれるので、転職活動時の心強い味方として活用できます。外からでは見えづらい企業の人事にも精通しているので、自分のキャリアパスに沿った企業の紹介を受けられる可能性がある点も、転職エージェントを利用することで期待できるメリットのひとつといえます。

まずは転職エージェントに無料相談する

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

キャリア診断

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!