40代の公認会計士が転職を成功させるポイント

公認会計士
2019/09/09

40代の公認会計士が転職を成功させるポイント

一般的に、40代の転職は即戦力が求められますが、公認会計士にも同じことが言えます。
そのため、公認会計士でも40代で転職を成功させるのは難しいとイメージする人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、40代の公認会計士が転職して待遇を上げることができるのか、転職を成功させるポイントを詳しく解説します。

40代で公認会計士は転職できるのか?

一般的には35歳を超えると転職が難しくなるともいわれていますが(35歳限界説)、その理由の1つが、将来性や潜在性を期待して採用する「ポテンシャル採用」が難しくなるためです。
まだ20代の公認会計士であれば、経験が浅くても採用してからスキルと経験を高めていくことが期待できますが、35歳以上、さらに40代ともなると、そのような採用は難しくなります。

しかし年齢に見合った経験とスキルがあれば、相応のポスト・待遇での転職もできます。
プロジェクトリーダーや経理部長など、組織の管理・統制を担う人材を求める企業であれば、好条件で転職できるでしょう。
ただ、同じ40代であっても、公認会計士試験に合格してから日が浅くて実績が乏しい、監査経験しかないといった場合は、好条件での転職は難しくなる恐れがあります。

40代公認会計士の転職先は?年収はどうなるのか?

ポテンシャル採用が難しい40代公認会計士の場合、前職でどのような経験を積み、役職に就いていたかが、転職先を大きく左右します。
例えば管理職としての経験がある場合は、大手~中堅の監査法人への転職のチャンスが高まるでしょう。
また、経理経験が豊富にある場合は、事業会社の経理部門の管理職や、事業会社の内部監査を行う役職を転職先として狙うことができます。
さらにIFRS(国際財務報告基準)の導入経験があるならば、上場準備企業の経理部長、CFOのポストを狙った転職も視野に入るでしょう。
この場合、前職での年収にもよりますが、転職によって大幅に年収ダウンするということは避けられます。
ただ、こうした管理職経験、経理経験、非監査業務経験などが十分でない場合は、待遇をアップさせる転職は難しくなることが多いです。

40代の公認会計士が転職で年収アップを狙うなら、「IPO準備企業」が人気

そんな中で近年、40代公認会計士の転職先として注目を集めているのが「IPO準備企業」です。
IPO準備企業とは近いうちに株式公開を目指している企業のことで、株式公開を実現させるためのプロジェクトを担える人材を好待遇で募集していることが多く、特に経験豊富な40代の公認会計士の転職先として人気があります。
企業が上場を果たすには、長い時間と費用をかけて、必要とされる厳しい基準をクリアしなければなりません。
実際、上場準備を進めている企業は多いですが、基準を満たして株式公開を達成した企業は少ないのが実情です。
一般的にIPOを目指す企業では、「株式公開準備室」のような部署を新規に作り、株式公開に向けて準備を進める専門の担当者を任命します。
そのような重責を担える人材は、これから株式公開を目指す企業(ベンチャー企業が多い)にはいないことが多く、外部から新たに雇用することが少なくありません。
IPO準備担当者には経理・会計の経験と知識が必須で、ベテランの公認会計士は最適の役職といえます。40代公認会計士にとっては、まさに転職先の狙い目になるわけです。

【関連記事】
公認会計士の年齢別転職状況と求人を大公開!

40代公認会計士 転職を成功させるポイント

転職の目的を明確にする

40代で公認会計士として勤務しているのであれば、現状でもそれなりの待遇を得ているでしょう。
それでもなお転職に踏み切ろうと考える理由を、しっかりと自己分析することが大切です。 その分析の結果から、どのような転職先を選ぶべきか検討しましょう。

例えば現状よりもさらに年収を増やしたい場合、他企業・事業所で高く評価されるほどのスキルや経験を身に付けているのか、冷静に考える必要があるでしょう。
あるいは、今の職場の労働時間が長く、もっとワークライフバランスを意識した仕事をしたいという場合は、労働時間を減らすことを念頭に置いた転職活動をしなければなりません。 転職活動をしていくにあたり、何を目的とするかを明確に定めましょう。

得意分野を明確にする

40代の公認会計士を雇用する企業・事業所側は、20代のような今後の伸びしろを期待しているのではなく、即戦力としてどれだけ活躍・貢献してくれるかを重視します。
そのため、自分のできないことや苦手なことをメインの業務とする職務・役職に転職してしまうと、学習や成長の時間が与えられることがないので、大きなストレスを抱え苦しい状況に陥りやすいです。
場合によっては、転職して数年のうちに再び退社・転職をせざるを得ない(成果が出ないので事実上解雇される)こともあり得ます。
転職活動の際は背伸びするようなことはせず、自分が得意とすることを明確にし、転職先を選ぶことが大事です。

まとめ

40代の公認会計士が転職する場合、それまでどんな実務経験を積んできたのかが重要だといえます。
即戦力としての貢献が期待されるため、過去に積み上げてきた実績が転職活動において重要です。
もし実際に転職を検討しているのであれば、転職の目的と自身の得意分野を明確にして、実績・経験を十分に活かせる転職先を探しましょう。

公認会計士の求人を確認する! 公認会計士の転職情報はこちら!

【おすすめ記事】
IPO準備中の企業で、公認会計士はこんな活躍ができる!
監査法人勤務の公認会計士が転職を考える理由
監査法人から企業経理へ転職するためには

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!