公認会計士が転職でキャリアアップするには?事業会社の経営企画への転職をおすすめする理由

経営企画・内部監査
公認会計士
スキル
キャリア

公認会計士が転職でキャリアアップするには?事業会社の経営企画への転職をおすすめする理由

公認会計士が転職でキャリアアップするには?事業会社の経営企画への転職をおすすめする理由公認会計士には監査法人以外にもさまざまなキャリアプランがあります。なかでも事業会社の経営企画は経験が活かせる相性の良い職種の一つといえます。なぜ経営企画が公認会計士にとっておすすめのキャリアなのか?転職するメリットと詳しいキャリアプランについて解説します。


公認会計士が経営企画に転職するメリット

経営企画とはその名のとおり経営戦略を立案して実行する仕事です。会社によって経営企画が担当する領域や求められるスキルは異なりますが、自社の現状を分析して課題を洗い出し、マーケティング、財務、商品開発などさまざまな経営戦略を立案し、それを実行していく立場となります。会社の財務指標や経営状態を分析する機会も多いため、公認会計士の経験や知識がダイレクトに役に立ちます。

経営者に近い立場で仕事をすることになるので、経営に関わる裁量が大きい仕事ができることが魅力的です。企業の花形部署であり、経営的なスキル・視点が身につくので出世するスピードも早い傾向があります。もちろん役職が上がれば年収もアップする可能性が高くなります。

また、会計士事務所などは、どうしても顧客の都合に合わせなければいけないこともありますが、事業会社の経営企画は基本的に社内業務であり勤務時間や休日も決まっているため、ワークライフバランスが取りやすいのもメリットです。

会員登録すると、キャリアアドバイザーが、キャリアビジョンやライフスタイルなどのあなたのご希望を踏まえて、最適なキャリアプランをご提案いたします。また、MS Agent独自のコンフィデンシャル求人が多数ございます。市場には出回っていない希少な求人も随時ご紹介させていただきます。 簡単分!無料会員登録する

経営企画に活かせる公認会計士のスキル

経営企画に求められる適性として、次のようなものがあげられます。

・数字に強く、高い論理的思考力

経営企画は会社の過去の業績や競合他社の営業データなど、業績数字を分析するため、数字に強いことは大きな強みになります。
また、中長期計画などの経営計画や経営戦略を社内外の人に納得してもらうよう説明する必要があるため、数字を分析する能力に加えて、そのデータや数字をもとに論理的に思考し説明する能力も必要です。

・周囲を巻き込むコミュニケーション能力

前述したように、経営企画では、経営陣や他部署など、多くの責任者を巻き込んで業務を推進していかなければなりません。
経営陣や各部署の要望をしっかりと把握したうえで、経営企画としての要求も伝えなくてならないため、高いコミュニケーション能力が必要となります。
データ分析や論理的思考などが長けていても、積極的にコミュニケーションがとれなければ、経営企画を進めていくことは難しいです。
周囲を巻き込んで業務を推進させるためには、常日頃から信頼関係を構築しておくことが非常に大切です。

・タフなメンタル

経営企画は経営の中枢として仕事をするため、心身に高いプレッシャーがかかります。
そのうえ、まだ決まっていない会社の経営計画は、たとえ社内の人であっても漏らすことができず、ストレスを吐き出す場所も少なくなってしまいます。
さらに、経営企画は、数年後を見据えた目標を打ち出すため、目の前の数字を追いかける営業などの部署からは苦情がくる場合もあります。
そういったことから、経営企画には、プレッシャーや苦情を一心に受け止め乗り越えるためのタフなメンタルが必須となります。

会員登録すると、キャリアアドバイザーが、キャリアビジョンやライフスタイルなどのあなたのご希望を踏まえて、最適なキャリアプランをご提案いたします。また、MS Agent独自のコンフィデンシャル求人が多数ございます。市場には出回っていない希少な求人も随時ご紹介させていただきます。 簡単分!無料会員登録する

公認会計士が経営企画に転職するには?

経営企画は、財務・会計の知識だけでなく、経済やマーケティングなど、幅広い知識や経験が求められます。
公認会計士が経営企画に転職するためには、監査法人から事業会社の経営企画に転職するルートが一般的です。
予算作成時において、監査業務で培った業務経験は活きますし、前述したように財務や会計、M&Aの知識などが求められることから、公認会計士の必要性は高まっています。

会員登録すると、キャリアアドバイザーが、キャリアビジョンやライフスタイルなどのあなたのご希望を踏まえて、最適なキャリアプランをご提案いたします。また、MS Agent独自のコンフィデンシャル求人が多数ございます。市場には出回っていない希少な求人も随時ご紹介させていただきます。 簡単分!無料会員登録する

まとめ

会社の中枢を担う経営企画は、責任が大きく、企業のエース級の人が集まる部門です。
総合的に極めて高い能力が求められますが、それだけに成長できる環境が整っていることでしょう。
経営企画の仕事内容は企業によって大きく異なるので、転職活動の際は経理・財務に強い会計士を求めている企業を探し検討することをおすすめします。


経営企画の求人はこちら!

この記事を監修した人

大学時代、就職支援会社の営業代行等で学生起業を経験。軌道に乗らず卒業と同時に辞めて、2012年6月に紹介会社経由でMS-Japan大阪支社へ入社。
求人企業側の営業を主に担当しつつカウンセリングも随時行い、2021年からキャリアアドバイザーへ完全異動。
これまで営業として300名程の採用支援実績があり、別途通算350名以上のカウンセリングも担当。
公認会計士・税理士・税理士補助スタッフなど会計系職種を主に、管理部門全般も幅広く担当。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

キャリア診断

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!