転職に失敗する中高年が増加中!?どういった人が失敗するのか?

働き方
キャリア
2019/07/12

転職に失敗する中高年が増加中!?どういった人が失敗するのか?

転職に失敗する中高年が増加中!?どういった人が失敗するのか?

今、45歳を対象とした以上のいわゆる中高年の転職市場が活気づいています。
組織課題や求人の募集背景にもよりますが、年齢は問わないと考える会社も多く、中高年の高い経験や技術を求める求人も増えてきています。
一方で、誰でも転職して成功できるといったわけではなく、中高年ならではの問題も発生します。
今回は、中高年の転職に焦点を当てて、悔いなく転職するために、中高年の方に気をつけていただきたいことをまとめました。

中高年の転職者は男女共に増加している

中高年の転職者比率は、年々増加傾向にあります。
その背景には、中高年のスキルが評価されているだけでなく、生産年齢人口が減少してきていることも一因にあると押さえておきましょう。
国立社会保障・人口問題研究所の推計結果によると、将来的に日本の生産年齢人口は減少すると想定されています。
あらゆる業界で、労働力不足が深刻化してきているため、通年中途採用を募集する会社も増えてきています。

自分が積み重ねてきた経歴やスキルが評価され転職に成功するケースもあれば、単純に労働力不足が採用の判断基準を緩めているケースもあるということです。
転職を検討する場合、自分はどちらのケースなのか、ある程度把握しておく必要があるでしょう。

中高年の転職を成功させるポイントは、自分のニーズを正確に理解すること

転職を成功させるには、自分に何ができて、相手が何を求めているのかを理解することが大切です。
中高年の転職市場では、一部を除いて未経験者を採用するケースはほとんどありません。 多くの企業が、志望者の「知識」・「経験」・「技術」を基に判断するのです。
専門的なスキルや管理職経験のある人材は、60歳を超えても求人案件が見られます。

IT・建築・電気系エンジニア・経理・人事といったジャンルは、年数を重ねるごとに他の会社でも通用するキャリアを積み重ねられるため、首都圏や都市部を中心に求人は増えてきています。
また、将来の管理職や会社幹部になれる逸材を募集している会社も多く、取締役候補であることを明確に記している求人情報もあります。
自身が積み上げてきた「知識」・「経験」・「技術」が求められる会社を選ぶことが、中高年の転職を成功させる第一歩となるでしょう。

中高年だからこそ気を付けたい、転職に失敗するケースとは?

中高年の転職に求められるスキルは、決して資格のように目に見えるものではありません。
長年積み重ねてきた経験値が評価されるため、20代や30代のように、伸びしろを評価してくれるケースは期待しない方が良いでしょう。
会社独自のルールはある程度共有の時間を設けていただけますが、業務に関しては教えてもらってできるようになる、または、勉強すればできるようになる、という発想は捨てる必要があります。
つまり、中高年の転職では、業務上で貢献できる具体的なスキルを持っていることが大前提となります。
そのうえで、転職に失敗しないために注意すべきことは、以下のようなポイントが挙げられます。

・転職先の条件に対応できるかどうか
働くうえで絶対に譲れない条件は持ちつつ、それ以外の点は、柔軟に対応して働けるかどうか、転職する前にしっかり考えておきましょう。
調整が必要になる要素としては、主に収入、職位、業務内容(範囲)、労働時間、勤務地などがあります。
調整可能な要素が多いほど必須要件に拘って求人を探すことができます。
一方で、全ての要件に拘ると、如何に貢献できるスキルを持ち合わせていても、会社側からNGを出される可能性は高まります。
会社の立場をおもんばかることを、採用前の段階から意識したいものです。

・働き始めてから謙虚さを保ち続けられるか
中高年の採用に当たっては、即戦力性を買われるケースが多いため総じて経営陣や採用部門の責任者の期待は高い傾向があります。
一方で、同僚や部下になる社員の中には、鳴り物入りで入社してくる中途社員に反感を抱くケースもあります。
部下を持たないスペシャリストとして入社した場合はそれほど気にする必要はありませんが、管理職や経営幹部候補として入社する際には、その思いを理解しつつ、仕事で信頼を勝ち取るスタンスを取り続けることこそ、中高年の転職に求められます。
自分には能力があるから採用されたという思い上がりが心の中に少しでも生まれた場合、相手の気持ちを考えて初心に戻ることを忘れないようにしましょう。

まとめ

転職に失敗する中高年が増加中!?どういった人が失敗するのか?

中高年といった年齢だけの理由で、採用を断られるケースは年々減少してきています。 大切なのは、会社側が求める「経験・スキル」を満たしているかどうかです。
転職活動中、自分が不採用になったときは、年齢ありきの考え方を捨て、「自分には何が足りていないか?」「会社側はどういったスキルを求めているか?」をしっかりと意識していきましょう。


会員登録してキャリアプランを相談する!


【おすすめ記事】
増える50代・60代の転職

<参考>
総務省統計局「労働力調査」
国立社会保障・人口問題研究所 「人口ピラミッド」

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!