公認会計士に合格後、監査法人に就職するための面接対策、志望動機など

公認会計士
会計事務所・監査法人
転職準備
2019/05/13

公認会計士に合格後、監査法人に就職するための面接対策、志望動機など

監査法人の就活は、公認会計士試験に合格してから内定が出るまで2週間程度の超短期決戦で行われます。
そのために、志望動機を念入りに練り上げて面接対策を行っておくことは重要です。
この記事では、監査法人の就活の日程、志望動機の練り上げ方、および面接で注意すべきマナーやポイントをご紹介します。

監査法人に就職するなら面接対策は重要

監査法人の就活期間は非常に短いことが特徴です。
11月中旬に公認会計士試験の合格発表があってから就職活動がスタートし、約2週間後の12月初旬には内定が出ます。
内定の合否は、基本的にエントリーシートによる書類選考と面接のみで決まります。
短い就活期間のなかで面接対策をしっかりと行うかどうかにより、希望の監査法人の内定を得られるかどうかが決まるといっても過言ではありません。
面接に備え、志望動機をしっかりと固めることが重要です。
また、面接までには、社会人としてのマナーもきちんと身に付けておくようにしましょう。

監査法人の面接日程

公認会計士試験の合格発表から監査法人の内定通知までの日程を、EY新日本監査法人・東京事務所の2018年の日程を例にとって見てみましょう。

項 目 日 程
公認会計士試験 合格発表 11月16日 9時~17時
説明会予約 11月16日~
面接の予約 11月22日~
エントリーシートの提出 11月16日~1次面接前日まで
WEB適性テストの受験 11月16日~1次面接前日まで
1次・2次面接 11月26日~12月1日
内定通知 12月3日(メールおよび電話にて)
内定受諾期間 12月3日~4日

この日程を見てわかるように、公認会計士試験の合格発表の当日から説明会の予約やエントリーシートの提出などの受付が開始され、10日後には面接がスタート。
そして、約2週間後には内定が決まります。監査法人の就活は超短期決戦です。
したがって、面接対策は非常に短い期間で行わなくてはなりません。

面接に備え志望動機をしっかり固めよう

面接対策で大切なのは、質問を想定し、それに対する答えを万全に準備することです。
面接の答えを準備するには、志望動機をしっかりと固めることがポイントです。

面接での質問は、具体的な質問の仕方はさまざまですが、基本的に次の3つが最も重要なものとなります。
1. なぜこの業界を選んだのか
2. なぜ当法人を選んだのか
3. なぜあなたを採用するべきなのか

これらはいずれも、「志望動機」に当たることです。志望動機は、念には念を入れて練り上げることが大切です。

志望動機を練り上げるためには、
・業界および監査法人の特徴を研究する
・自分を採用するメリットをアピールする方法を考える
の2つの段階があります。

業界および監査法人の特徴を研究する

志望動機を練り上げるためには、監査法人の業界および面接を受ける監査法人そのものを深く研究することが欠かせません。

監査法人は、外資系や金融、会計、コンサルなどの業界に分かれています。
それぞれの業界が具体的にどのような業務を行うのか、およびそれぞれの業界は他の業界とどう違うのかをしっかりと把握しておくことが大切です。

また、同じ業界のなかでも、監査法人はそれぞれ独自の立ち位置をもっています。
同じ業界の監査法人の業務内容や取引先などをよく調べ、面接を受ける監査法人にどのような特徴があるのか把握しましょう。

自分を採用するメリットをアピールする方法を考える

業界および監査法人の特徴を調べることで、面接を受ける監査法人がどのような人物像を求めているかも明らかになってきます。
それを踏まえて、必要とされる能力を逆算し、
・自分の強み
・これまでにしてきた勉強
・将来したいと思う仕事の内容
といったポイントに関して、アピールする方法を考えます。

志望動機は、
「監査法人を選ぶ際のこだわりは何ですか?」
「そのこだわりは当法人で実現できますか?」
「これから伸ばしたいコンピテンシーは何ですか?」
「当法人に入所して5年後の自分の自己紹介をしてください」
など、さまざまな形で質問されることがあります。

志望動機はしっかりと練り上げて、同じ質問に複数回「なぜ」と聞かれても答えられるようにしておきましょう。

面接で注意すべきマナーやポイント

面接では、社会人としてのマナーを身に付けているかどうかも判断されます。面接で注意すべきマナーやポイントは次のようなものとなります。
・服装は、スーツを着用し、清潔感のあるもので統一する
・面接室に入ったら元気よく挨拶し、背もたれにもたれずに背筋を伸ばして座る
・面接官の質問に答える際は、まず結論を述べ、そのあとに具体的な理由や経験を簡潔に述べる
・面接官の目を見て笑顔で話す
・「何か質問はありますか」と聞かれたときのために、仕事への熱意を見せられるような質問を用意しておく

しっかり面接対策してライバルに差をつけよう!

監査法人の就活は期間が非常に短いため、準備をするのはなかなか難しいものがあります。
だからこそ、面接対策に力を入れることでライバルに差をつけられるともいえます。
しっかりと準備をし、希望する監査法人の内定を獲得しましょう。

>> 【会計士のおすすめ求人】公認会計士の年齢別転職状況と求人を大公開!

公認会計士の求人を確認する! 公認会計士の転職情報はこちら!

【おすすめ記事】
大手監査法人に転職するためには
監査法人と会計事務所の違いは?公認会計士のキャリアの選び方

<参考>
・EY新日本有限責任監査法人「JOINUS2018」
・EY新日本監査法人 「公認会計士定期採用サイト RECRUIT 2018」

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!