2024年04月09日

シェアードサービス会社の経理に転職!業務内容やキャリア、求人事例を紹介!

管理部門・士業の転職 管理部門・士業の転職

近年、「シェアードサービス」というしくみが、多くの大企業や上場企業に導入されるようになってきました。特にバックオフィス業務の要となる「経理職」において、その導入は顕著な傾向です。
経理経験者が転職を希望する際、一般企業の経理か、シェアードサービス導入企業の経理か、選択に迷うことがあるかもしれません。その判断材料として、シェアードサービスの役割転職するメリット、キャリアの見通しも含めた役立つ情報をお届けします。

まずは経理の求人情報を確認したい方はコチラ

経理の求人情報

経理の求人情報

上場企業の経理マネージャーやIPO準備企業の経理部長候補などの高年収が見込める求人から、20代・30代向けのスタッフ層求人、 未経験OK求人など、幅広くご用意しております。
サイト上に公開されている求人はごく一部です。会員登録でより多くの求人をご確認いただけます。

経理がシェアードサービスに転職する魅力

シェアードサービスの役割

シェアードサービスとは、複数のグループからなる企業が、それぞれのバックオフィス業務(間接業務)を1ヶ所に集約して、効率化やコスト削減を図る企業改革の一環です。
最大の目的はグループ全体の経営基盤を強化することですが、シェアードサービスの役割として以下のような効果が見込まれます。

  • ・類似する業務をまとめて処理することで、業務効率が向上する
  • ・同様の業務を共有し標準化することで、ノウハウやベストプラクティスを蓄積できる
  • ・一元管理により、グループ全体の運用が円滑になる

グループ内のバックオフィス業務を一元化し、独立した組織として運営する子会社を「シェアードサービス会社」と呼びます。
シェアードサービス会社は、グループ内企業だけでなく外部組織にもシェアードサービスを提供することが可能です。

シェアードサービスの経理に転職するメリット

シェアードサービスを経理部門で導入した場合、支払・入金管理や決算作業などが集約され、経理業務のコスト削減と効率向上に期待できます。
以下に、経理経験者がシェアードサービス会社に転職することで得られるメリットを挙げてみます。

効率的で幅広い経理業務が経験できる

経理の知見や経験豊富なスタッフが集結するため、経理ノウハウを共有しながらチームで行う効率性が身につきます
また、全社同一の会計ソフトやシステムが導入されているため、より効率的な経理業務に携わることが可能です。
グループ内各社に加えて外部企業の経理を担うことがあるため、それぞれの異なる会計目線に触れながら幅広い経理経験の機会にも恵まれます。
決算資料の作成もシェアードサービス会社が受け持つことから、連結決算に関する実務経験が積みやすくなります。

ワークライフバランスが改善できる

働く環境として、ワークライフバランスを改善しやすいことも魅力の一つです。
シェアードサービスは効率的な業務処理を重視しており、ルーチンワークの効率化によって残業の軽減が期待されます。
経理担当者はより柔軟な働き方や労働時間の短縮を享受でき、仕事とプライベートの両立がしやすくなります。

長期的なキャリアアップに期待できる

グループ内各社や外部企業の経理を通じて、さまざまな業種・業態の会計を理解し、キャリアに活かすことが可能です。
経理を単調なルーチンワークとしてではなく、新たな魅力を見つけていく仕事と捉えることで、働くモチベーションが保たれ、就労意欲の継続につながります。
シェアードサービス会社での経理経験は、経理の専門性を高めつつ、長期的な視点からビジネスを理解する上で有益なものとなります。
このようなメリットによって、将来に向けたキャリアの展望が広がるでしょう。


まずは転職エージェントに無料相談する

シェアードサービス会社で働く経理のキャリア

ここでは、シェアードサービス会社で働く経理のキャリアや将来性について考えてみましょう。

経理部長やCFOのキャリアパスを目指す

シェアードサービス会社で働く経理のキャリアパスの一つは、経理部長を経てCFO(最高財務責任者)を目指すことです。
経理部長は経理の中でも上級のポジションであり、シェアードサービスの中核的な役割を担います。経理業務の全体フローを策定したり、経営層に対して財務に関する提言を行ったりすることも珍しくありません。

そのため、さらに高いポジションであるCFOへの昇進を可能にしやすい立場でもあります。
企業の財務を左右する重要な人材として、経理から始まるキャリアが最終的には企業のトップの一員になる可能性を秘めています。

経験を活かして中小企業の経理に転職

シェアードサービス会社で培った幅広い経理経験は、中小企業の経理職において大きな価値を持ちます。
多くの中小企業は、業務の効率化や専門的な知識の不足を抱えており、シェアードサービスで得た実務経験がそのニーズにマッチするからです。

経理業務の幅広い知識や標準化された業務プロセスを経験した経理担当者は、中小企業でも重宝される存在です。
転職先では、経理のプロとして企業全体の財務管理や意思決定に携わることも期待されます。中小企業への転職は、経理の実務経験を活かしながら新たな挑戦を迎える好機となるでしょう。

経験を活かして大企業の経理に転職

シェアードサービス会社で積んだ連結決算や大規模な経理プロジェクトの経験は、大手企業への経理転職でも大きなアピールポイントとなります。
大企業では多岐にわたる事業と複雑な経済環境に対応するため、高度な経理スキルや戦略的な視点が求められます。

特に、連結決算を取りまとめる作業は、ほとんどの大企業や上場企業では欠かすことができません。
そもそも連結決算に対応できる経理人材は限られており、転職市場において希少な存在です。レベルの高い実務経験を活かし、大企業での経理職にチャレンジすることで、さらなるキャリアの飛躍が見通せるでしょう。


まずは転職エージェントに無料相談する

シェアードサービス会社での経理業務の特徴

グループ全体の経理を包括的に取り扱う

シェアードサービス会社における経理業務は、一企業に留まらず、グループ全体の経理を包括的に取り扱う点が特徴です。
異なる業種や事業領域の経理業務を手がけることになるため、幅広い経理知識やスキルが求められます。業態別の取引形態や帳簿の処理方法を理解し、法令に対する感度を高めることが大切です。
連結決算の作業も重要な業務として位置付けられ、一貫性のある財務状況を過不足なく正確に把握しなければなりません。

専門チームで作業を細分化

一方で、シェアードサービス会社では業務の効率性が重視され、専門チームで作業を細分化することが一般的です。
経理業務の各フェーズを担当するスタッフが高度な専門性を発揮し、共有システムを有効活用することで効率化が実現します。その過程として、個々の担当者は自らのスキルに注力する反面、経理全体の流れを理解しにくい傾向にあると言えます。

グループ全体の経営をサポートするバックオフィスとして、経理業務の全体像を把握するスタンスは大事です。シェアードサービスの特徴を活かし、専門性と広い視野を兼ね備えながら、偏りなくキャリアを積んでいきましょう。


まずは転職エージェントに無料相談する

シェアードサービス会社の経理に転職するためのアピールポイント

>シェアードサービス会社の経理に転職するためのアピールポイント

会計ソフトなどのITスキルをアピール

シェアードサービス会社では、グループ内各社の経理業務を効率的に対処できるよう、会計ソフトやデジタルツールの導入が浸透しています。
そのため、経理に関する基礎的な知識だけでなく、新しい会計ソフトなどにも順応できるようなITスキルを身につけることが賢明です。システムを適切に操作できる能力をアピールすることで、業務の効率化やミスの軽減に期待され、転職活動での差別化につながります。

コミュニケーション能力をアピール

シェアードサービスの経理業務は、業務が細分化されているため、チーム内や関連部署との連携が欠かせません。
対人関係の円滑さが業務のスムーズな進行や問題解決に直結するため、転職希望者はコミュニケーション能力をアピールすることが重要です。これまでに経理職を通じたプロジェクトやチームワークでの経験があれば、組織内での適応力を積極的にPRしましょう。

知識や実務能力を裏付ける資格をアピール

特定の資格を有していることが転職活動で有利に働くことは、経理職においても例外ではありません。
例えば、日商簿記検定やFASS検定、給与計算実務能力検定などは、経理の実務に活かせる資格として知られています。自身の専門知識やスキルを裏付ける資格を取得し、履歴書や職務経歴書に記載することで評価を高め、転職に有利な状況を作り出しましょう。


まずは転職エージェントに無料相談する

シェアードサービス会社の経理求人例

シェアードサービス会社の経理求人には、「シェアードサービス」と記載していないケースも含まれますが、MS-Japanではシェアードサービス会社の経理求人を多数掲載しています。
以下、MS-Japanで紹介可能なシェアードサービス会社の経理求人例です。

未経験可!上場グループ会社の経理求人!

想定年収
400万円 ~ 500万円
仕事内容
・決算業務:四半期決算、年度決算処理
・税務業務:法人税を含む各種税金計算および申告業務など
※グループ会社を2,3社ほど担当
必要な経験・能力
<必須>
・日商簿記2級
<求める人物像>
・コミュニケーション能力が高い方
・ITに強い方、興味のある方

<税理士限定>業界大手のシェアードサービス会社の経理求人!

想定年収
550万円 ~ 850万円
仕事内容
・グループ会社の経理業務(月次/四半期/年次決算)及びチェック
・税務全般
・各種社内申請書類等の作成およびチェック
必要な経験・能力
<必須>
・税理士または公認会計士資格

まとめ

経理経験者がシェアードサービス会社に転職する魅力は、専門性の向上経験の多様化、ワークライフバランスの改善などが好例です。
これらのメリットを存分に活かし、シェアードサービスでの経験を通じて「経理のプロ」としてのキャリアを飛躍させることも期待できます。自身の経理スキルやキャリアの幅を広げていくのであれば、シェアードサービスという選択肢が視野に入ってくるのではないでしょうか。

この記事を監修したキャリアアドバイザー

小島 亜里紗

大学卒業後、ウェディングプランナー、業界大手で求人広告の企画提案営業を経て、MS-Japanへ入社。
企業担当のリクルーティングアドバイザーを経験した後、現在は転職を考えられている方のキャリアアドバイザーとして、若手ポテンシャル層~シニアベテラン層まで多くの方の転職活動のサポートをしています。
人材業界での経験も長くなり、いつまでも誰かの記憶に残る仕事をしていたいと思っています。

経理・財務 ・ 人事・総務 ・ 法務 ・ 経営企画・内部監査 ・ 会計事務所・監査法人 ・ 役員・その他 ・ 公認会計士 ・ 税理士 ・ 弁護士 を専門領域として、これまで数多くのご支援実績がございます。管理部門・士業に特化したMS-Japanだから分かる業界・転職情報を日々更新中です!本記事を通して転職をお考えの方は是非一度ご相談下さい!

あなたへのおすすめ求人

サイトメニュー

職種で求人を探す
資格で求人を探す
勤務地で求人を探す
資格の転職情報を調べる
転職セミナー・個別相談会
転職サービス紹介
転職ノウハウ
求人企業の皆様へ
MS-Japanについて

業界最大級の求人数・転職支援実績!管理部門・士業の転職に精通した専門アドバイザーがキャリア相談~入社までサポートいたします。

無料でキャリア相談する

関連おすすめ記事

新着記事

Manegyニュースランキング

マネジーでポイントを貯めて、
豪華商品に交換しよう!

詳しくはこちら

powered by

業界最大級の求人数・転職支援実績!管理部門・士業の転職に精通した専門アドバイザーがキャリア相談~入社までサポートいたします。

無料でキャリア相談する