今注目のリファラル採用とは!?デメリットはあるのか?

人事・総務
スキル
2019/06/11

今注目のリファラル採用とは!?デメリットはあるのか?

リファラル採用は、社員に人材を紹介してもらう採用方法です。
アメリカのIT系企業で火が付き、日本にも導入する企業が増えてきています。
今回は、話題のリファラル採用について、メリットやデメリット、活用方法をまとめてみました。
リファラル採用を検討している方は参考にしてみてください。

リファラル採用とは。メルカリも採用する注目の方法

リファラル(referral)とは、英語では紹介・推薦という意味の単語です。
リファラル採用は、社員やOB・OGに、自社の会社に適している人材を紹介・推薦してもらう採用方法です。
求人媒体などを通して採用する方法と異なり、社員の人脈を活かすため、コストをかけずに適性の高い人材を確保できるといったメリットがあります。
なお、経営幹部の血縁者など、その人の能力や適性の有無を問わずに採用する縁故採用とは異なります。
リファラル採用を通して獲得した人材は離職率が低いなどの理由から、海外の企業では積極的に取り入れられています。
日本でも、フリマアプリで大躍進をしているメルカリがリファラル採用を実施していることで有名です。
メルカリで人事を担当している石黒卓弥氏は「リファラル採用は裏切らない」と発言しており、5〜6割の社員がリファラル採用によって入社していることを明らかにしています。

リファラル採用における3つのメリット

リファラル採用のメリットは主に3つあります。

①採用コストの大幅な削減につながる
採用業務には、金銭的・時間的コストがかかります。
その点、リファラル採用なら、求人媒体への掲載料や紹介料がかからず、採用業務に関わる時間を大きく減らすことができます。
コストを抑えながら、自社に適した質の高い人材を確保できる点は大きなメリットです。

②社員の定着率が高い
求人サイトに書いてある情報には限りがあります。
そのため、多くの場合、実際に働いてみないとその会社に合っているかどうか判断できない場合が多いです。
リファラル採用であれば、実際に働いている人から話を聞き、具体的に働くイメージをもって入社することができるため、新しい人材が自社に定着する可能性が高いと言えます。
自社に合った人材なので、離職率が低く定着率の向上につながるのです。

③転職市場に出ない人材に出会える
リファラル採用なら、知人・友人を通じて優秀な人材にアプローチできます。
「オフィスに遊びにきてみない」と、気軽に誘いながら自社に興味を持ってもらうことも可能です。
転職市場にでていない人材にアプローチできるのはリファラル採用ならではと言えるでしょう。

リファラル採用における3つのデメリット

リファラル採用にもデメリットはあります。
代表的なデメリットを3つにまとめました。

①紹介者の認識違いによって自社に合わない可能性がある
親しい友人や知人とはいえ、仕事力を正確に知ることは難しいです。
紹介者が自信をもって推薦した人材であっても、自社と合わない可能性があります。
もし、社員の友人・知人が不採用になった場合、社員とその友人・知人との関係が悪化するリスクがあるので注意が必要です。
人間関係に支障をきたしてしまう場合があることを考慮して、リファラル採用に取り組む必要があります。

②紹介者と同じ職場になることによる関係悪化のリスク
紹介した人が採用となった場合もリスクがないわけではありません。
これまで友人・知人の間柄だった関係が、同じ職場になることで悪化してしまう可能性も考えられます。
時には上司部下といった上下関係が生じることもあるので、社員と紹介された人それぞれに配慮することが大切です。

③多様性の損失
自社に合った人材は魅力的ですが、似たような性質の人が集まりすぎて多様性の損失につながるリスクもあります。
人材の同質化を招く場合があり、派閥などが生まれる可能性があるので、注意が必要です。

リファラル採用のデメリットを回避して活かすためには?

リファラル採用のデメリットを回避して活用するためには3つのポイントがあります。

①リファラル採用の不確実性を周知する
リファラル採用は100%採用されるわけではないことを、社員にしっかり伝えましょう。
リファラル採用とはどのようなものか、社員に制度の説明を十分に行った上で取り入れることが前提です。
制度説明が十分であれば、リファラル採用のリスクを社員自身も理解しているので、紹介による人間関係の悪化を予防することにつながります。

②企業側が制度づくりをしっかり行う
リファラル採用を取り入れる企業が増えてきたとは言え、まだまだ新しい採用方法です。
取り入れたいならば、企業側が制度づくりをしっかりと行い、実施の為の土台を構築しておくことが必要と言えます。
実際に取り入れている企業を参考にし、さまざまなパターンを考えて制度づくりを行いましょう。
外部の専門家にアドバイスしてもらう方法も有効です。

③リファラル採用以外の採用方法も継続する
リファラル採用は万能ではありません。
すぐに人材が確保できるとは限りませんので、リファラル採用以外の採用方法も継続することがおすすめです。
採用方法を多様化させることで、人材の多様性を保持することにも役立ちます。

まとめ

注目を集めているリファラル採用ですが、メリットとデメリットの両方が存在します。
取り入れたいならば、メリットとデメリットをよく考慮した上で、実施するかどうか決めることがおすすめです。
社員への十分な説明や、実施に伴う制度づくりは事前にしっかり行いましょう。
リファラル採用の良さを活かすことができれば、優秀で質の高い人材の確保でき、自社のさらなる発展につながります。

>> 【人事のおすすめ求人】人事経験者が大手企業に転職する方法とは!?

人事の求人を確認する!

【おすすめ記事】
今注目のタレントマネジメントとは!?これまでの人材管理はもう古い!
今、注目の戦略人事とは?今後は、戦略を練れる人事が評価を上げる?

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆管理部門・会計・リーガルの転職ならMS-Japan!無料であなたの転職活動をサポート!
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆転職や業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!情報満載のメルマガはこちら

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!