人事担当者が辛いと感じた瞬間6選!対処法も解説

人事・総務
2020/01/05

人事担当者が辛いと感じた瞬間6選!対処法も解説

人事担当者が辛いと感じた瞬間6選!

人事に携わっている担当者ならではの辛いと感じる瞬間があります。今回は、人事担当者が辛いと感じた瞬間やその対象法をまとめました。現在辛いと感じている人事担当者、人事の仕事に興味がある方などは、是非参考にしてみてください。


人事担当者が辛いと感じる瞬間6選

①他言無用な業務に関わることが多い

人事の仕事は社員の個人情報に関わることが多く、業務内容を秘密にしなければならないことが多々あります。
情報漏えいをしない為に常に注意していることを辛いと感じる人も少なくないです。
重要な秘密を取り扱っているという自覚を持ち、機密情報を漏らさないように気を配る必要があります。

②嫌われ役になることがある

人事は、経営状態に応じてリストラを検討し、主導することが求められます。経営判断とは言え、矢面に立つ人事は嫌われ役を引き受けなければならない職務です。
嫌われる業務を行わなければならない瞬間にプレッシャーを感じ、人事を離れる人もいます。

なぜ人事は嫌われ役?信頼関係を築くコツは?

③他部門に仕事が理解されづらい

営業のノルマのように明確な数値で測定できる仕事ではない分、人事の仕事は他部門からわかりにくいという側面があります。
仕事量が多いにも関わらず、他部門の人に理解してもらえず、楽な仕事と誤解されていると感じた瞬間は辛いものです。
本来の仕事とイメージのギャップが苦痛につながることがあります。

④目標が数値化しにくい

目標が数値化しにくい分、人事の仕事は成果がわかりづらいです。
業務効率化を実施しても、わかりやすく功績が見えないことがあります。
数値化目標が立てにくいことなどから、モチベーションが低下し、人事の仕事が辛くなることがあります。

⑤社員と会社の板挟みになる

近年、社員のメンタルヘルスケアに力を入れる企業が増えてきました。
メンタルヘルスケアを担当するのは人事です。時には精神的に病んでいる社員と会社との板挟みを経験することもあります。
また、気持ち的には社員に寄り添いたくとも、会社の規則との間にギャップがあると、フォローしきれず逆に自分の負担になる場合もあります。

⑥時代の変化に対応していく必要がある

昨今では、仕事がアナログからデジタルにシフトする傾向があります。
例えば採用業務を考えた場合、SNSなどを活用して広報活動をしたり、応募者のSNSアカウントをチェックするなど、時代の変化にいち早く対応して業務内容をブラッシュアップすることが必要です。
年齢を重ねると経験が増えできる仕事が多くなりますが、経験がある分、時代の変化にスムーズに対応できない時、辛いと感じる人もいます。

人事の仕事が辛い時の対処法

対処法①人事の仕事のメリット・デメリットを理解する

人事の仕事が、時に嫌われることがあるのは事実です。
精神的にキツイ仕事もありますし、他部門から理解されにくいというデメリットもあります。
ただし、人事は会社の重要な経営資源であるヒトに関われるなどメリットもあります。
人事という仕事のメリット・デメリット両方を理解して、ある程度割り切ることが大事です。

対処法②人事部内に相談できる人を見つける

人事の仕事の辛さがわかる人は、人事の仕事を経験したことがある人でしょう。
人事部内に相談できる人を見つけると、辛さの共有ができ、気持ちが楽になることがあります。
また、業務に関して具体的なアドバイスを貰える可能性が高く問題解決につながりやすいです。

対処法③自分の目指すキャリアを明確化し地道に努力する

人それぞれ自分の目指すキャリア像があります。
自分の目指すキャリアを明確化すると、より大きな視点から現在の仕事を捉えられるようになり、モチベーションを維持しながら業務を進めやすいです。
人事としてキャリアアップしていきたいなら社会保険労務士など、難関な資格にチャレンジすることも有効でしょう。
キャリアを明確にして長期的な視点を持ったうえで、目の前の仕事に取り組んでいきましょう。

それでも辛い!すこし立ち止まって現状を客観視してみよう

それでも辛い時は、無理しないことが大切です。
少し立ち止まり、現状を客観視してみましょう。信頼できる誰かに相談してみる方法も有効と言えます。
有給を取得し、少し仕事から離れてみる方法もおすすめです。まず心と体を休めましょう。
その上で仕事の何が辛いのか原因を分析してみましょう。
原因がわかれば、対処法が見えてきます。
もしかしたら自分が辛いと感じていた原因と、対処法がズレていたのかもしれません。
現状を客観視し、自分に対処できる範囲を超えているなら、会社に助けを求めるという方法もあります。

あまりにも辛いなら、部署移動・休暇・転職という選択肢も

人事担当者が辛いと感じた瞬間6選!

辛い時ほど他の選択肢が見えにくくなってしまいがちですが、選択肢はいくつもあります。
人事の仕事があまりにも辛いと感じるなら、部署異動を願い出ることも有効です。会社と相談することで、少し長めの長期休暇を取得することができる可能性もあります。
また、人事異動が認められず今の会社が辛いなら、転職も効果的な手法です。一番大切なのは自分自身であり、最終的に自分を守れるのは自分だけ。
無理しすぎず、自分がより輝ける道を柔軟に検討してみましょう。
道はいくつもあります。自分自身を休めながら、心に余裕を持って対処することが大事です。

【おすすめ記事】
人事の転職理由あるある!誰もが知りたい気になる本音
採用担当者へ転職するために、気をつけておくべきポイントとは?

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!