こんな退職理由はダメ!ブラック企業から転職するためには?

働き方
転職準備
2019/08/02

こんな退職理由はダメ!ブラック企業から転職するためには?

厚生労働省では、ブラック企業について定義していませんが、一般的にブラック企業をイメージする際に
・過重な長時間労働
・無理難題なノルマを設定
・パワーハラスメントが横行
などといった特徴がある企業のことを指します。

労働者には退職する権利がありますので、働くことが辛い職場であれば辞めることが可能です。
しかし、いざ退職しようと思っても、退職理由をどのように企業側に説明すればいいのか悩むこともあると思います。
この記事では、ブラック企業を退職する際、トラブルを回避する退職理由の伝え方や、切り出すタイミングをご紹介します。


ブラック企業を退職したい…最短2週間で退職できる

労働者には退職する権利があります。
民法上、期間の定めのない雇用契約であれば2週間前までに退職の意思を雇用主側に伝えることで退職が可能です。
就業規則で定められていない場合は、退職の意思を申し出てから2週間で退職できるということを理解しておきましょう。
ただし一般的には、引き継ぎや有給消化などの事を考え、1ヶ月以上前に退職意思を伝えることが望ましいでしょう。
直属の上司に退職を申し出て、会社が退職を認めたら、退職届を2週間前までに提出します。

なお、退職願と退職届の違いは、退職願は「退職したい」と打診する書類であり提出しても断られる場合があります。
一方、退職届は会社側の可否に関わらず「退職します」と届け出る書類です。
退職届は、通常、退職が認められてから提出します。

ブラック企業から転職する際の退職理由の伝え方

上司に退職する意思を伝え、退職理由は聞かれた場合、円満退社するために、引き止められにくい退職理由を準備しておきましょう。
退職理由を伝える際は、間違っても会社への不平不満や批判などネガティブな理由を伝えることは避けましょう。
会社との関係が悪くなり、会社側へ引き止める材料を提供してしまう可能性があります。
例えば「給与が低い」と伝えると「では来月から給与をあげよう。
それなら退職しなくてもいいよね」というように、引き止められることがあるので注意が必要です。
退職理由は、上司の心証を損なわないよう、「こういった分野の仕事をしていきたい」といったような個人的な理由を正直に伝えましょう。

ブラック企業の中には、「会社や他の仲間に迷惑がかかってもいいの?」と脅して引き止めることもあります。
しかし、退職の自由が認められている労働者を無理に引き止めることこそ違法ですし、社員1人が辞めたくらいで仕事が成り立たなくなるなら経営体制そのものに問題があると言わざるをえません。
退職を伝えるときは、感情に流されず退職する決意をはっきりと伝えましょう。

退職理由の伝え方 3つのポイント

①ネガティブな退職理由は言わない
上述の通り、本音ではネガティブな理由で退職を決意したとしても、基本的にポジティブな理由などを伝え、会社側からの印象が悪くならないようにしましょう。
「親の介護」などのやむを得ない理由や、「こういった分野で夢を実現したい」などポジティブな理由が有効です。
また、謙虚な態度を取りつつも、退職の意思が揺るがない決意を示すことも大切です。

②退職の意思は最初に直属の上司に伝える
退職の意思は、最初に自分の口から直属の上司に伝えるのが望ましいです。
うっかり同僚などに退職したいことを伝えてしまうと、自分の口から告げるより前に上司の耳に入り、印象が悪くなる危険性があります。
例え仲の良い人や信頼している人であっても、上司に話す前に他の人に退職の意向を伝えることは避けましょう。

③繁忙期を避け、退職の1~3ヶ月前に伝える
退職したい時は、まず口頭で上司に意思を伝えます。
退職を申し出るタイミングは、心身の不調などがある緊急な場合を除き、繁忙期は避けましょう。
また上司の仕事が一段落した就業時間外が望ましいです。
退職の申し入れから退職までの期間を、就業規則で定めている会社もあります。
自社の規則を確認したうえで、1~3ヶ月前に退職を申し出るのが一般的です。

ブラック企業でも円満退職を目指しましょう

退職理由は、会社側が納得しやすく引き止めにくいものにすると、スムーズに話が進みます。
労働者には退職の自由があるため、退職を申し出る際は、謙虚な態度を崩さずはっきりと意思を示すことが大切です。
退職理由は会社に対するネガティブな理由を伝えずに、キャリアアップや夢の実現など、個人的な理由を伝えましょう。
ブラック企業で働き続けると、大切な心身の健康を損なう可能性もあります。
退職の意思を固めたら、トラブルにならないよう円満退職を実現して新しい環境にチェンジしていきましょう。


【おすすめ記事】
セクハラに悩まされ、転職を考えている人へ
パワハラで退職・・・転職理由はどうすればいいのか?

<参考>
確かめよう労働条件『「ブラック企業」ってどんな会社なの?』

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!