労務管理とは?人事管理との違いやスキルアップ法を紹介 

人事・総務
スキル
2021/09/15

労務管理とは?人事管理との違いやスキルアップ法を紹介 


従業員の働く環境を整備する労務管理は、企業が事業活動を続けていく上で欠かせない業務の一つです。しかし、実際に労務部門での実務経験がないビジネスマンにとっては、労務管理とは具体的にどのような業務を行うことなのか、わかりにくい部分もあります。

そこで、今回は労務管理とは何かという点に着目して、同じく従業員を管理対象とする人事管理との違いや、スキルアップの方法について詳しく解説しましょう。

まずは転職エージェントに無料相談する


労務管理と人事管理の違い

労務管理とは従業員が働きやすい環境を整備することを目的とした業務です。従業員一人ひとりを対象にするというよりは、企業組織全体を対象とした体制・制度づくりに力点が置かれているといえます。

一方、人事管理とは、人材の育成や人事評価、異動・配置管理、昇格・昇進など、個々の従業員を対象とした業務が多くなっています。各従業員の能力・経験を踏まえ、成果を出せるような人材の配置・管理が求められます。

ただ、労務管理の定義は企業ごとにさまざまであるため、労務管理と人事管理が混同されているケースも多くあります。

まずは転職エージェントに無料相談する

労務管理の具体的な業務内容

労務管理の具体的な業務としては、以下が挙げられます。

・勤怠管理

・給与計算

・労働時間管理

・社会保険手続き

・福利厚生管理

・安全衛生管理

・就業規則管理

 

など

人事管理のように能力評価や人材配置に関わる業務ではなく、従業員が安定して働いていくための環境づくりを行うのが労務管理の役割です。

また、近年問題が顕在化している各種ハラスメントなど、組織内で発生する従業員間のトラブルについても、企業側の相談窓口としての業務を行う場合もあります。

まずは転職エージェントに無料相談する

労務管理のスキルアップ法