FASS検定は経理の転職に有利に働くのか?

資格
経理・財務
2020/07/20

FASS検定は経理の転職に有利に働くのか?

fass 転職

経理・財務の実務スキルをスコア形式で判定するFASS検定は、経済産業省が推し進める人材育成事業の一つで、企業からの注目も高まっています。 FASS検定で高スコアを取得すれば、経理の転職で有利に働きます。 この記事では、FASS検定の詳細とおすすめの勉強法、資格を活かした転職について解説します。


FASS検定は経理・財務人材育成事業の一つ

経理・財務の業務というと「簿記」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 実際、簿記は経理・財務に必須のスキルであり、経理・財務の転職において日商簿記の取得は大きな意味があります。 ただし、簿記ができれば経理・財務が務まるかといえば、そうとはいえません。 経理・財務には簿記以外にもさまざまな業務があり、それらのトータルな理解がないと経理実務を行うことができないからです。

そこで、経済産業省が中心となり、経理・財務業務プロセスの標準化が取り組まれ、2003年に「経理・財務サービス・スキルスタンダード」が完成しました。 このスキルスタンダードは、先進的な50社以上の企業の経理・財務幹部が研究会やワーキンググループを行って作り上げたものです。 この経理・財務サービス・スキルスタンダードを、人材を育成することによって普及させるため、FASS検定が2005年からスタートしました。

したがって、FASS検定を受検することにより、簿記だけにとどまらず、経理・財務の総合的な実務レベルを証明することができます。 比較的新しい検定試験であるため、特に中小企業では、FASS検定の知名度は日商簿記などと比べるとまだ低いケースもあります。 しかし、特に大企業の経理・財務へ転職する場合には、FASS検定での高スコア取得は大きく有利になるでしょう。

まずは転職エージェントに無料相談する

FASS検定の評価ランクについて

FASS検定は合否を判定するものではなく、総合点によりA~Eまでの5段階で経理・財務のスキルレベルを評価します。 A~Eのレベルとスコア、それに評価内容は下の表の通りとなります。

レベル スコア 評価内容
A 689点~ 経理・財務分野について、業務全体を正確に理解し、自信をもって経理・財務部門の業務を遂行できるスキルをもっている。
B 641点~688点 経理・財務分野のほとんどの業務を理解し、業務を遂行できるスキルをもっている。分野によって、知識の正確さに個人差があるものの、業務を妨げるようなことはなく、適切に対応できるスキルをもっている。
C 561点~640点 経理・財務分野について、日常の業務を行うための基本的なスキルが身についているが、自己の経験以外の業務への対応力について差が見られる。日常の業務であれば、業務を理解して、支障なく対応できるスキルをもっている。
D 441点~560点 分野によって、知識の正確性に差があり、不十分な部分が多いが、支援を受けながら、最低限の業務を行うスキルをもっている。
E ~440点 経理・財務分野について、部分的にしか 理解できていない。今後の努力を期待する。

引用元:FASS『試験結果について』
http://www.cfo.jp/fass/fass_exam/result.html

FASS検定の試験分野は「資産」「決算」「税務」および「資金」の4分野で、満点は800点です。 上記「試験本体」のほかに、2018年に公表された「収益認識に関する会計基準」についてのオプション科目を受験することもでき、「Green」「Yellow」および「Red」の3レベルで評価されます。

まずは転職エージェントに無料相談する

FASS検定のおすすめ勉強法

FASS検定には「公式学習ガイド」が用意されています。 公式学習ガイドは、最新の出題傾向を反映した300問の参考問題と、その正解および解説が掲載されています。 この公式学習ガイドで学習することが、FASS検定の勉強法の基本となります。

また、そのほかにやはり公式の教材としてeラーニング講座も用意されています。 eラーニング講座は全27時間、200タイトルの研修動画と演習問題および解説が含まれます。 実践的な経理・財務の実務を身につけることができるため、「参考問題だけでは不安だ」という場合にはこちらを利用するのもよいでしょう。

まずは転職エージェントに無料相談する

FASSが経理財務の転職に有利な理由

FASS検定は、先進企業50社以上の経理・財務幹部が研究会を行いながら作成した「スキルスタンダード」に沿って出題される検定です。 したがって、大企業については認知度が高く、社内研修の教材として使用しているところもあります。 大企業の経理・財務へ転職する場合には、FASS検定での高スコア取得は大きく有利になるでしょう。

また、経理の資格として「日商簿記2級」は、「取得していて当たり前」ともいえる状況です。 転職においてライバルに差をつける+αの資格としても、FASS検定はおすすめです。

まずは転職エージェントに無料相談する

まとめ

経済産業省が推進している「経理・財務サービス・スキルスタンダード」の普及策として設けられているFASS検定。 比較的新しい検定ながら企業からの注目は高まっていますので、転職の武器とするにはおすすめです。

またFASS検定は「高得点であるほど高役職・高収入」の傾向も見られます。 くり返し受験しながら自分の経理・財務スキルを高めていくようにするのもよいでしょう。

まずは転職エージェントに無料相談する

【関連記事】
【経理の資格10選】給与・スキルアップにつながる資格はどれ?
【実例あり】簿記3級・2級・1級試験合格者3名の転職成功事例!

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

キャリア診断

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!