USCPAは独学で取得できるのか?難易度やその後のキャリアについて

資格
公認会計士
会計事務所・監査法人
2019/12/23

USCPAは独学で取得できるのか?難易度やその後のキャリアについて

USCPAは独学で取得できるのか?難易度やその後のキャリアについて

USCPAを独学で取得しようと考えている人もいるでしょう。
USCPAを取得するには、予備校に通うのが一般的ですが、独学でも取得することができます。
この記事では、USCPAの独学での取得や難易度、その後のキャリアについて見ていきましょう。

この記事のまとめ

・独学でもUSCPAは取得できるが、勉強方法や手続きの面でハードルが高い

・USCPAを所得すると、監査法人や外資系企業などへの転職が優遇されキャリアアップにつながる

USCPAは独学でも取得することはできるのか?

USCPAを取得するには、予備校に通うことが一般的ですが、独学で取得することも十分可能です。
ただし、独学でUSCPAの取得を目指す場合、以下のようなことがハードルとなるでしょう。

勉強のモチベーションを保つのが難しい

USCPAを独学で取得する場合、勉強のモチベーションを継続させるのが難しくなります。
USCPAに合格するためには、1,000時間の勉強が必要だといわれています。
これだけの勉強時間を、自分自身で管理しながら継続するには、継続させる工夫と強い意志が必要になってきます。

日本語の教材が市販されていない

日本語の教材が市販されていないことも、USCPA独学のハードルとなります。
ただし、予備校の日本語テキストをネットオークションで手に入れることはできるので、まずは日本語テキストで勉強すると理解も深まるでしょう。

受験の手続きを自分で進めなければならない

USCPAを受験するための手続きは、出願する州によっても異なり難しいです。
また、USCPAは、受験要件が比較的厳しいです。
要件がいちばん緩いアラスカ州でも、「会計単位が15単位以上」となっています。
もし受験要件を満たしていない場合、アメリカの大学の追加単位を取得しなければなりません。
予備校に通っていれば、提携している大学で追加単位を取得できたり様々なサポートをしてくれますが、独学の場合は、この煩雑な手続きを自分だけで進めていかなくてはならないため、かなり大変な作業となるでしょう。

USCPA試験の概要・難易度について

USCPA試験の概要と難易度について見てみましょう。

USCPA試験の概要

USCPAの試験科目は、FAR(財務会計)BEC(経営・IT)REG(税法・商法)AUD(監査論)の4科目です。

・【FAR】Financial Accounting &Reporting(財務会計)

試験内容 Financial Accounting(企業会計)80%
Non-profit Accounting(政府と非営利組織会計)20%
試験時間 4時間
出題形式 四択問題 66問
総合問題 8問

・【BEC】Business Environment & Concepts(企業経営環境・経営概念)

試験内容 Corporate Governance(コーポレートガバナンス)22%
Economics(経済学概論)22%
Information Systems(IT概論)20%
Financial Management / Operations Management(管理会計等)36%
試験時間 4時間
出題形式 四択問題 62問
総合問題 4問
記述式問題 3問

・【REG】Regulation(諸法規)

試験内容 Federal Taxation(連邦税法)が85%(うち税務業務における会計士の責任が15%)
Business Law(ビジネス法) 15%
試験時間 4時間
出題形式 四択問題 76問
総合問題 8問

・【AUD】Auditing & Attestation(監査および諸手続き)

試験内容 Auditing & Attestation(監査と証明業務)80%
Professional Responsibility(会計士としての責任)20%
試験時間 4時間
出題形式 四択問題 72問
総合問題 8問

USCPA試験の難易度

USCPA試験は、日本の公認会計士試験と比べると、難易度は低いといわれています。
また、年に1度しか試験が行われない公認会計士試験と異なり、USCPA試験は、科目単位で受験することができ、勉強の進み具合に合わせて自分が好きなタイミングで受けることができます。
また、もし不合格でもすぐに再チャレンジすることもできますので、合格しやすいといえるでしょう。

USCPAはアメリカの資格ですから、試験は当然英語で行われます。
しかし、英語力に関しては、TOEICで600点~700点あれば十分だといわれますので、それほど難しくはありません。

USCPAを独学で取得するメリット

USCPAを独学で取得するメリットは、費用を安く抑えられることです。
予備校に通う場合には、数十万円の費用がどうしてもかかります。
独学であれば、日本語の教科書をネットのオークションサイトで5万円~10万円程度で手に入れるだけで済みます。
手続きで、さらに10万円程度の費用がかかるケースもありますが、そうであっても独学は、予備校に通うこととくらべれば安く済むといえるでしょう。

USCPA取得後のキャリア

USCPA取得後のキャリアは、まず監査法人があげられます。
監査法人では、USCPA取得者を積極的に採用しており、公認会計士の資格を持っていなくても転職を狙うことは十分可能です。
下記記事では、USCPA取得者の監査法人への転職について、業務内容や年収、キャリアについて詳しく解説しています。

USCPAで監査法人に転職できるのか?その後のキャリアは!?

また、事業会社の経理・財務も考えられます。
日系の企業であっても、海外展開をするケースも多いので、USCPAを取得していれば優遇されることも多くあります。
外資系企業・コンサルティング会社でも、USCPA取得者を優遇するケースが多いです。

まとめ

USCPAは独学で取得できるのか?難易度やその後のキャリアについて

USCPAは、独学での取得も可能です。
ただし、勉強方法や手続きの面でハードルは高く、自力で乗り越えていくには強い意志が必要になるでしょう。
公認会計士試験と比べると難易度は低いといわれるUSCPA試験ですが、取得すればキャリアの選択肢は大幅に広がります。
ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!