2019年司法試験論文式試験の合格発表!これから考えるキャリアについて

弁護士
2019/09/10

2019年司法試験論文式試験の合格発表!これから考えるキャリアについて

2019年司法試験論文式試験の合格発表!これから考えるキャリアについて

2019年9月10日の今日、司法試験論文式の合格発表がありました。
合格された方、おめでとうございます!今まで勉強してきたことが司法試験合格という成果に繋がって、本当に良かったですね!この調子で司法修習も合格できる様、頑張ってください。
一方、残念ながら不合格だった方、本当にお疲れ様でした。悔しい思いをされていると思います・・・。
まだ今後のことを考えづらいと思いますが、リフレッシュしながら、少しずつ考えていきましょう!


2019年の司法試験の合格数・合格率は?

2019年の司法試験の合格数は、1,502人でした。また合格率は、33.63%でした。
去年と比較すると、合格者数は23人少なく、合格率は、4.52%高いデータとなりました。

今年 去年 差異
受験者数 4,466人 5,238人 -772人
短答式合格者 3,287人 3,669人 -382人
合格者 1,502人 1,525人 -23人
合格率 33.63% 29.11% +4.52%
法科大学院生の合格者 1,187人 1,189人 -2人

5年間の司法試験 結果の推移

平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和1年度
受験者数 8,016人 6,899人 5,967人 5,238人 4,466人
短答式合格者数 5,308人 4,621人 3,937人 3,669人 3,287人
合格者数 1,850人 1,583人 1,543人 1,525人 1,502人
合格率 23.08% 22.95% 25.86% 29.11% 33.63%
論文式平均点 376.51点 397.67点 374.04点 378.08点 399.76点
総合平均点 793.16点 829.52点 780.74点 790.17点 810.44点
合格点(総合) 835点 880点 800点 805点 810点
合格者平均年齢 29.1歳 28.3歳 28.8歳 28.8歳 28.9歳

ここ5年間の推移をみていくと受験者・合格者数は低下しています。
令和1年と平成27年を比較した際に、受験者数が約44%低下、合格者数も約19%低下しています。
以前より弁護士の人数は、飽和状態だと言われていますが、この調子で弁護士を志す人が減るのもどうかと思います。

司法試験論文式試験を合格した人の今後の流れとキャリアについて

司法試験論文式試験を合格した人の今後の流れとしては、大きく2つあります。
①司法修習を受け、法曹界を目指す。
②司法修習を受けず、就職を目指す。

多くの司法試験合格者は、「①司法修習を受け、法曹界を目指す。」に進みます。
司法修習とは、司法試験合格後に法曹の資格を得るために、弁護士・裁判官・検察に関するカリキュラムに沿って修習を行うことを言います。
司法修習の流れとしては、下記図のような流れです。

2019年司法試験論文式試験の合格発表!これから考えるキャリアについて

導入研修後に実務研修と集合研修があり、最後に通称「二回試験」があります。
その試験に合格すれば、晴れて法曹資格を取得できます。

司法修習では何をやるのか!弁護士・検察・裁判官になるための研修内容
司法試験を受験してから合格発表までの過ごし方

司法修習中に就職活動を行う場合、実務研修先を就職希望先がある都道府県を選択し、就職活動の負担を減らしたいと考えているのであれば、希望事務所を定めて実務研修場所を選ぶと良いかもしれません。

司法修習生の就職対策 修習地を選ぶポイント

法曹資格を取得した後のキャリアについてです。

弁護士の場合
・法律事務所へ入社
・インハウスローヤーとして企業法務へ就職
それぞれの目指すべきポイントとしては、
・法律事務所のパートナーとして経営を担う
・CLOとして企業法務に関する業務執行を統括する
があります。
せっかく弁護士として働くのであれば、ある程度責任のある地位に就いて、ご自身の実力発揮を目指してはいかがでしょうか?

検察の場合
検察のキャリアステップは、
新任検事→A庁検事→シニア検事→三席検事→次席検事→検事正→検事長→検事総長 になります。
法務省『検事のキャリアパス・イメージ』

裁判官の場合
裁判官のキャリアステップは、
判事補→特例判事補→判事→地裁部統括判事→地方裁判所所長→高裁部統括判事→高等裁判所長官→最高裁判所判事→最高裁判所長官
ただし、認証官である「高等裁判所長官」、「最高裁判所判事」、「最高裁判所長官」になるためには、下記からの任命が必要になります。
最高裁判所長官:内閣の指名に基づき、天皇が任命。
最高裁判所判事:内閣が任命にし、天皇が承認。
高等裁判所長官:最高裁判所の指名に基づき内閣が任命し、天皇が承認。

年収に関しては、平均900万円前後ですが
最高裁判所長官になると3000万以上の年収になります。

司法試験論文式試験を不合格した人のキャリアについて

司法試験論文式試験を不合格した人のキャリアは、2つあります。
①司法試験合格にむけて再度勉強に励む
②就職する

①司法試験合格にむけて再度勉強に励む場合、次回の試験では再度短答式から受験になります。今回合格したからと言って、短答式試験の勉強を油断してはいけません。
そのため、どちらも合格するために、自身の得意・不得意を理解して勉強に励みましょう。
また、勉強するにも自分一人では考え方が凝り固まってしまいます。
もし可能であれば、同じ境遇の方、または合格した方、すでに社会に出ている方などあらゆる人とコミュニケーションを図り、柔軟な思考を持ちましょう。

決して忘れてはいけないのは、資金面です。
働きながら司法試験合格を目指すのであれば、働く時間と試験勉強をする時間の割合・スケジュールを決めて実施していきましょう。
また資金援助を受けている場合は、とても恵まれている環境ですので、感謝の気持ちを持ちつつ合格に向けて集中していきましょう!

②就職する場合は、企業へ就職するか法律事務所へ就職するかの2通りあります。
多くは、企業の法務またはその他職種に就職します。
企業法務だけに限らず企業に就職する場合、中途採用枠での採用選考になります。
そのため、多くの企業は即戦力またはそれと同等の知識と経験を求めますが、近年コンプライアンへの対応も求められているので、法科大学院生や司法試験者を採用するケースが増えています。
理由としては、法律知識があり、若手だからです。
ですので、面接等ではこれまで勉強してきたことをアピールできるように、事前に準備していきましょう。

ロー生も面接対策をして就活に臨もう!

法務として採用された際のキャリアとして目指せるポジションは、CLO(Chief Legal Officer|最高法務責任者)または法務の管理職です。
まだCLOというポジションを用意していない企業もありますが、社内に法務があるのであれば法務管理職は用意されていると思いますので、出世を希望される方は法務の管理職を目指していきましょう。

法務部のキャリアはどう築くべき?重要なのは勤続年数より経験だ!

また近年ではグローバル化が進み、外資系企業と契約に関するやり取りを交わすこともあり、英語が使える法務担当者は貴重な存在となります。
ですので、英語が使える法務人材を目指してみてはいかがでしょうか?

もう「英語が苦手」は通用しない!?英文契約書の理解が法務のキャリアアップにつながる理由

それぞれの道で成果を出せるように、前を向いて進んでいこう

今回の合格発表で合格された方・不合格だった方とそれぞれ歩む道は違いますが、最終的に目指せる場所は、実は近かったりします。
司法試験合格を目指して勉強してきたことは決して無駄にはなりませんし、活かせるフィールドは無限にあります。
今日の結果を受けて今後どうするのか、時間の許す限り考えてみてはいかがでしょうか。

合格された方は、法曹に向けて頑張りつつも、どんな法曹になりたいのかを明確にしていきましょう。
また不合格だった方は、再度弁護士を目指すのかor就職するのかで今後の動き方が大きく異なります。
もし勉強するのであれば、次回の司法試験で合格するために勉強の仕方や考え方を変えて、試行錯誤しながら合格を目指しましょう!
また就職するのであれば、「自身の強みは何か」や「どんな仕事をしたいのか」などを整理して就職活動に励みましょう!そのうえでもし分からないことや不安などあれば、弊社にお気軽にご連絡ください。


また弊社では司法試験受験者対象のセミナーを開催しております。
今回のセミナーは企業の法務に就職を希望する方をメインにしておりますので、ご興味ある方は下記リンクよりご確認ください。
■東京開催
≪司法試験受験者対象≫早期に企業へ就職するための就活セミナー!
https://www.jmsc.co.jp/seminar/tokyo/0827_011653.html

■大阪開催
【大阪開催】≪司法試験受験者対象≫早期に企業へ就職するための就活セミナー!
https://www.jmsc.co.jp/seminar/osaka/0826_011654.html

<参照元>
令和元年司法試験の採点結果
平成30年司法試験の採点結果
平成30年法科大学院等別合格者数等
平成29年司法試験の採点結果
平成28年司法試験の採点結果
平成27年司法試験の採点結果

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!