【2019年4月~6月】法務正社員の転職市場 年代別の年収や求人倍率など

法務
レポート
2019/09/05

【2019年4月~6月】法務正社員の転職市場 年代別の年収や求人倍率など

弊社にご依頼頂く求人情報と会員登録して頂いた求職者データから、2019年4月~6月の「法務部門の転職市場」を集計しました。
法務の「求人倍率」や「企業提示年収と求職者平均年収」、また正社員として法務に転職するポイントなどをまとめています。
これから法務を目指す方や、転職してキャリアップをお考えの方は是非参考にしてください。



法務正社員 求職者の年齢別平均年収

正社員として法務への転職を検討している求職者の年収と、企業の求人が提示している年収のグラフになります。
30歳以下の求職者の平均年収は489万円
36~40 歳の平均年収は646万円
46歳以上の平均年収は871万円
となっています。
企業提示年収と求職者平均年収は、どの年代も比較的近いといえるでしょう。

また、男性求職者の平均年収は733万円、女性求職者の平均年収は566万円となっています。

法務正社員を希望する求職者の年齢分布

正社員として法務への転職を検討している求職者を年齢別にみると、~30歳が19.2%、31歳~35際が20.6%となっています。
35際以下の求職者は、2019年1月~3月と比べると11.4%増加しており、ミドル~シニア層が転職マーケットを占めていた時期から、若手の活動意欲が高くなってきています。

未経験でも正社員として法務に転職できるか?転職市場で高まる法務人材

法務求人は売り手市場といわれており、未経験者にもけっしてチャンスがないわけではありません。
以前は、独立した法務部門があるのは大手企業くらいで、多くの企業では総務部門などが兼務している職種でした。
しかし、IT業界の発展によってビジネスが広がり多様化する中、法解釈や訴訟リスクの回避など的確なリスクマネジメントを行いながらビジネスを円滑に進めるため、法務部門を強化する企業が増えています。
転職市場における法務部門のニーズの高まりにより、未経験でもチャレンジできる可能性は十分にあります。

未経験でもチャレンジできる可能性があるとはいえ、法務には法律の素養が求められます。
法学部や法科大学院の卒業生であれば、適性が認められやすいといえます。
また、司法試験の受験経験などが有利に働くこともあります。

さらに、法務には法律の素養に加え、「柔軟性」も求められます。
法務職は、訴訟対応や社内のコンプライアンスを調整することばかりを求められるわけではありません。
ビジネスを熟知し、法律を最大限自社の利益につなげられるような柔軟な思考ができなければなりません。
未経験で正社員として法務に転職するには、「法律の素養」と「柔軟性」を面接でアピールすることが大切です。

【関連記事】
未経験でも法務部に転職できる?【コラム】

法務が転職して年収を上げていくには?

法務が転職して年収を上げていくには、法務管理職を目指すのが一般的なキャリアといえるでしょう。
法務管理職は、通常の管理職で求められるマネジメント能力やリーダーシップ以外に、契約法務・株主総会準備・法律相談・訴訟対応・内部統制プログラム・リスクマネジメント等、専門的なスキルが幅広く求められます。
管理職を目指すには、10年以上の実務経験があると理想的です。

また、管理職以外にも、転職して年収を上げる方法はあります。

法務立ち上げポジション

ビジネスモデルが多様化する中、中小・ベンチャー企業でも社内に独立した法務部を構えようとする動きが強まっています。
あらゆるリスクを想定しながら法務部を一から立ち上げ体制作りをすることになるため、新たな法律知識を得られるだけでなく、リスクマネジメント能力も培われます。
知識や経験が評価や年収に反映されやすい法務担当者としては、法務部の立ち上げポジションで一気に経験を積むのも選択肢の一つでしょう。

外資系企業

外資系の法務部などに転職すれば、能力に応じて1千万以上の高収入を得られる可能性も高まります。
本国と連携し日本国内でビジネスを成功させるための法的なサポートを行うため、一定の英語力もしくは本国の言語力が必要になるでしょう。
なお、外資系企業の法務部門は多くの場合、弁護士資格が求められる傾向があります。

【関連記事】
30代・40代の法務経験者が転職するためには!?おすすめ求人も

法務正社員の転職市場 7月以降の求人数の盛り上がりに期待

2019年6月の法務部門の求人倍率は0.42倍。
昨年同様、5月以降新規求職者数が大幅に増加していることに対し、新規求人数は伸び悩んでいます。
7月以降の求人数の盛り上がりに期待しましょう。

弊社MS-Japanは、業界の動向や業務内容に対する知識が蓄積されやすく、専門特化型ならではの精度の高いマッチングを実現しています。
法務を得意とする専門のアドバイザーが数多く在籍し、その担当者から今の転職動向やアドバイスが無料で受けられます。
転職してキャリアップをお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

法務の求人を確認する! 会員登録してキャリア相談(無料)



会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!